キャッシングには保険証を用意

キャッシングの申し込みを行う時には、本人確認ができる運転免許証や健康保険証、パスポートなどの提示が必要となります。急にお金を使う用事ができた時、保証人を用意したり収入証明書を提出するのは時間がかかりますが、運転免許証や健康保険証ならばすぐに用意することができます。申し込みの時間や条件によっては、その日の内に融資を受けることも可能です。近年ではパソコンやスマートフォンを使い、WEBで全ての申し込みができるキャッシングが活用されています。その場合は、本人確認できる書類の写真を画像データにして添付し送信するだけで本人確認が完了します。キャッシングを利用する時、少額の融資なら問題ありませんが、審査の厳しい金融機関や限度額引き上げを希望する時、健康保険証は審査の対象となります。公務員の加入する共済保険が最も評価が高く、国民年金保険は最低評価となります。審査は他にも収入や勤務先、借入状況など様々な要素をチェックされます。